王道裏技不動産投資法、これからの不動産投資を成功させます。

世界から見た日本の不動産

世界から見た日本の不動産

japantokyo

IMF(国債通貨基金)の試算によれば、2016年までの世界各国のGDPは、1位:アメリカ、2位:中国、3位:日本 となっています。

 

中国には抜かれたものの、日本の経済規模は見過ごせない規模であることは、間違いありません。

 

また、野村総合研究所の試算によると、この順位は少なくとも2020年までは変わらない、となっています。

 

また、世界的会計会社プライスウォーターハウスクーパースによれば、世界の都市別のGDP規模と都市別人口でみた世界最大の都市は、2位のニューヨークを大きく引き離して「東京」が1位となっています。

 

さらに、アメリカのフォーチュン誌が発表した2012年世界上位500社(フォーチュングローバル500)の都市別ランキングでは、「東京」が1位、「大阪」が7位となっています。

 

また、国土交通省によると、日本の収益不動産は約202兆円で、アメリカに次いで世界第2位の規模を擁しています。

 

japantokyo

 

 

このように、国内にいると分かりづらいのですが、日本の不動産マーケットは世界的に見てもとても大きい、という事がわかります。

 

日本の不動産市場は、世界的にとても大きく、将来も変わらない。

 

東京海上不動産投資顧問株式会社が「日本の不動産投資マーケットの現状(2012年第2四半期)」と題するレポートでは、以下の通り述べられています。

アジアへの投資配分を増やす欧米の投資家が増加、様子見していたグローバルファンドの日本回帰への動向と相俟って、海外投資家・外資系ファンドの日本への関心度合いが強まっている。
・ グローバル型私募ファンドの規模が昨年下半期に3,000 億円増加
・ 欧米・カナダ年金基金、欧州保険会社、ドイツオープンエンドファンド゙等が投資実行・検討

(※東京海上不動産投資顧問株式会社が「日本の不動産投資マーケットの現状(2012年第2四半期)」より引用しました。)

 

世界から見ても震災以降の日本の不動産市場は、魅力的と見られている。

 

 

では、2013年現在、日本不動産マーケットは、どうなっているのでしょう?
また、今後どうのように市況展望できるのでしょうか?

 

>>2013年からの不動産マーケット<<

 

 

 


世界から見た日本の不動産関連ページ

不動産賃貸業に人口減は影響するのか?
王道裏技不動産投資法、これからの市況での不動産投資を成功させます。今のマーケットでは、昔に流行った「サラリーマン大家」系の不動産投資手法は、通用しないどころか、逆に非常に危険です。これからは、不動産業界の王道と裏技を活用した不動産投資法をマスターする必要があります。
賃貸マンションの居住ニーズの推移
王道裏技不動産投資法、これからの市況での不動産投資を成功させます。今のマーケットでは、昔に流行った「サラリーマン大家」系の不動産投資手法は、通用しないどころか、逆に非常に危険です。これからは、不動産業界の王道と裏技を活用した不動産投資法をマスターする必要があります。
現在の貸家オーナーの状況
王道裏技不動産投資法、これからの市況での不動産投資を成功させます。今のマーケットでは、昔に流行った「サラリーマン大家」系の不動産投資手法は、通用しないどころか、逆に非常に危険です。これからは、不動産業界の王道と裏技を活用した不動産投資法をマスターする必要があります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
これまでの不動産市況 デフレ発想からの脱却 不動産投資市況の検証 これからの不動産市況 王道⇔裏技不動産投資