王道裏技不動産投資法、これからの不動産投資を成功させます。

現在の貸家オーナーの状況

現在の貸家オーナーの状況

賃貸ニーズの推移

財団法人不動産流通近代化センターが公表した内容によると、民間賃貸住宅の経営形態では、個人所有が85%を占めていて、その個人経営者も84%超が50歳以上、60%超が60歳以上という割合になっています。
また、一人が所有する賃貸住宅戸数も55%超が20戸以下であり、86%が50戸以下となっているのです。

 

これらの事から考えると、現存する賃貸住宅は、いわば小規模個人経営が主であり、そのオーナー自身も高齢化している、という事が出来ます。

 

つまり、業として「不動産賃貸経営」を他の業界でみられるように、競争原理が働かせながら高度な経営感覚を持って実践しているケースは、決して多くないであろう、と考えられるのである。

 

また、専門家である宅地建物取引業者のうち、個人業者の平均年齢も年々高齢化し、2000年度には59.5歳であったのに対し、2008年度には62.5歳となっています。
40歳未満の不動産業者の構成割合は、わずか3.8%です。
他の産業で、こんなことは見当たりません。

 

この事は、この不動産マーケットにおいて、業として行う専門家(=プロ)においても、個人オーナーにおいても若年層の参入者は少なく、マーケットが一層硬直化してきている事を示しています。

 

不動産賃貸マーケットにおいて、参加者は高齢者の割合が非常に高く、柔軟な発想での経営が実施されにくい。

 

柔軟な発想や経営感覚などを持ち合わせた不動産賃貸経営は、マーケット内で大きなアドバンテージになる可能性が極めて高い、といえます。

 

この業界独特のノウハウとその逆手を取るようなノウハウは、特にこれからのマーケットでは、非常に有効な戦略となるのです。

 

でも、これからはグローバルな時代、世界的に見たら日本の不動産マーケットは、どうなのでしょう?

 

>>世界から見た日本の不動産<<

 

 

 

「王道⇔裏技 不動産投資法」の購入はコチラ


現在の貸家オーナーの状況関連ページ

不動産賃貸業に人口減は影響するのか?
王道裏技不動産投資法、これからの市況での不動産投資を成功させます。今のマーケットでは、昔に流行った「サラリーマン大家」系の不動産投資手法は、通用しないどころか、逆に非常に危険です。これからは、不動産業界の王道と裏技を活用した不動産投資法をマスターする必要があります。
賃貸マンションの居住ニーズの推移
王道裏技不動産投資法、これからの市況での不動産投資を成功させます。今のマーケットでは、昔に流行った「サラリーマン大家」系の不動産投資手法は、通用しないどころか、逆に非常に危険です。これからは、不動産業界の王道と裏技を活用した不動産投資法をマスターする必要があります。
世界から見た日本の不動産
王道裏技不動産投資法、これからの市況での不動産投資を成功させます。今のマーケットでは、昔に流行った「サラリーマン大家」系の不動産投資手法は、通用しないどころか、逆に非常に危険です。これからは、不動産業界の王道と裏技を活用した不動産投資法をマスターする必要があります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
これまでの不動産市況 デフレ発想からの脱却 不動産投資市況の検証 これからの不動産市況 王道⇔裏技不動産投資