王道裏技不動産投資法、これからの不動産投資を成功させます。

賃貸マンションの居住ニーズの推移

賃貸マンションの居住ニーズの推移

総務省が公表する「住宅・土地統計調査」によると、1983年には1,295万世帯だった借家居住世帯数は、2008年には1,770万世帯へ約37%増加しています。
なかでも共同住宅(非木造)と表示される、いわゆる「賃貸マンション」については、着実に世帯数の割合を増加させています。

 

賃貸ニーズの推移
単位:1,000世帯 総務省「住宅・土地統計調査」の数値により作成

 

次ぐに、現在のマーケット参加者、すなわち現在の貸家オーナーの状況をみてみましょう。

 

>>現在の貸家オーナーの状況<<

賃貸マンションの居住ニーズの推移関連ページ

不動産賃貸業に人口減は影響するのか?
王道裏技不動産投資法、これからの市況での不動産投資を成功させます。今のマーケットでは、昔に流行った「サラリーマン大家」系の不動産投資手法は、通用しないどころか、逆に非常に危険です。これからは、不動産業界の王道と裏技を活用した不動産投資法をマスターする必要があります。
現在の貸家オーナーの状況
王道裏技不動産投資法、これからの市況での不動産投資を成功させます。今のマーケットでは、昔に流行った「サラリーマン大家」系の不動産投資手法は、通用しないどころか、逆に非常に危険です。これからは、不動産業界の王道と裏技を活用した不動産投資法をマスターする必要があります。
世界から見た日本の不動産
王道裏技不動産投資法、これからの市況での不動産投資を成功させます。今のマーケットでは、昔に流行った「サラリーマン大家」系の不動産投資手法は、通用しないどころか、逆に非常に危険です。これからは、不動産業界の王道と裏技を活用した不動産投資法をマスターする必要があります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
これまでの不動産市況 デフレ発想からの脱却 不動産投資市況の検証 これからの不動産市況 王道⇔裏技不動産投資