王道裏技不動産投資法、これからの不動産投資を成功させます。

不動産投資市況の検証

不動産投資市況の検証

realestates

長引く景気低迷とデフレ経済の進行によって、ビジネスの世界でも、ネガティブ志向が蔓延してしまいました。
(※早期なデフレ発想からの転換が必要です。)

 

間違ったネガティブ志向は、逆に非常に危険です。

 

なぜなら、大きなビジネスチャンスを見過ごしてしまうからです。

 

これからの不動産市況を見ていくうえで、いくつかのデータから検証してみましょう。

 

人口減少なので、不動産賃貸業はダメなのか?
賃貸ニーズは減少しているのか?
今の不動産オーナーの実情は?
世界から見た日本の不動産は?


不動産投資市況の検証記事一覧

不動産賃貸業に人口減は影響するのか?

国立社会保障・人口問題研究所の発表資料によると、日本の人口は、2005年を境にピークアウトし減少に転じています。そして、世帯数も2015年にはピークアウトしていくと考えられています。これだけを見ると、不動産賃貸マーケット自体は縮小していくと思われがちです。一方で同研究所では「一人暮らしの世帯が203...

≫続きを読む

 

賃貸マンションの居住ニーズの推移

総務省が公表する「住宅・土地統計調査」によると、1983年には1,295万世帯だった借家居住世帯数は、2008年には1,770万世帯へ約37%増加しています。なかでも共同住宅(非木造)と表示される、いわゆる「賃貸マンション」については、着実に世帯数の割合を増加させています。単位:1,000世帯 総務...

≫続きを読む

 

現在の貸家オーナーの状況

財団法人不動産流通近代化センターが公表した内容によると、民間賃貸住宅の経営形態では、個人所有が85%を占めていて、その個人経営者も84%超が50歳以上、60%超が60歳以上という割合になっています。また、一人が所有する賃貸住宅戸数も55%超が20戸以下であり、86%が50戸以下となっているのです。こ...

≫続きを読む

 

世界から見た日本の不動産

IMF(国債通貨基金)の試算によれば、2016年までの世界各国のGDPは、1位:アメリカ、2位:中国、3位:日本 となっています。中国には抜かれたものの、日本の経済規模は見過ごせない規模であることは、間違いありません。また、野村総合研究所の試算によると、この順位は少なくとも2020年までは変わらない...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
これまでの不動産市況 デフレ発想からの脱却 不動産投資市況の検証 これからの不動産市況 王道⇔裏技不動産投資