王道裏技不動産投資法、これからの不動産投資を成功させます。

デフレ発想からの転換

デフレ発想からの転換

apartmenthouse2

大小2度のバブル発生とその崩壊、そして未曽有の自然災害、わが国では失われた20年が経過し、この間政治では1991年の宮澤首相から2回目の安倍首相を含め15回首相が交代、先行き不透明感が漂う状況が継続、経済では長期間デフレが進行していきました。

 

これだけ長く不透明感とデフレ経済が続くと、物事を“インフレ基調”で見る事が出来なくなってきていると同時に、物事を明確に見据える能力が弱体化しているのではないか、と思えます。

 

若者を中心に“無関心な風潮”、何事も“待っていた方が得な状態”、悩んだら“何もしない選択”というのがはびこった遠因ではないかと分析する学者も居ます。

 

まぁ文化の事はいざ知らず、こと経済活動に関しては、この状態はとても危険です。

 

Savanna2

本来、生産活動とか経済活動とかの前進的な動きは、早く動いた方が、早く動いただけ有利になるようにできています。
サバンナの動物は、飲み水を求めて、干上がった川の場所を離れて、水の豊富なオアシスまで移動しなければいけません。変化の状況に応じた早い行動を取らなければ死を意味します。

 

そして、いよいよ日本のマーケットは大きな転換が迫ってきています。

 

2012年末に実施された総選挙で、自民党が大勝し、安倍内閣が発足しました。
安倍首相による「アベノミクス」とまで言われる経済政策は、

  1. 大胆な金融政策
  2. 機動的な財政政策
  3. 民間投資を喚起する成長戦略

ですが、個別の政策として、日銀に対し「インフレ目標2%」を課しています。

 

つまり国の政策として、「インフレ」が掲げられているのです。

 

デフレ発想から脱却が必要。

 

これは、経済のみならず、社会全体に対し、大きな発想転換を求めるものです。

 

そして何より、特に不動産投資を検討する者にとって、大チャンスなタイミングがやってきたのです。
ここでは、待って得になる事にはなりません。それどころか、時期を遅らせればそれだけ不利になっていきます。

 

これから不動産投資を実践するにあたって、何が重要なのでしょうか?

 

現在の不動産市況において、一般的に語られる常識のなかに、大きなウソが隠れています。
この常識のウソに惑わされないようにする必要があります。
これは、王道⇔裏技 不動産投資法 に相通じる重要なポイントなのです。

 

現在の不動産市況を眺めてみましょう。

 

>>不動産投資市況の検証<<



ホーム RSS購読 サイトマップ
これまでの不動産市況 デフレ発想からの脱却 不動産投資市況の検証 これからの不動産市況 王道⇔裏技不動産投資