王道裏技不動産投資法、これからの不動産投資を成功させます。

これまでの不動産市況の変遷

これまでの不動産市況の変遷

downtownview

なぜ、王道⇔裏技不動産投資法が、これからの不動産マーケットでは、必須なのか?

 

なぜ、今までの「サラリーマン投資」系の手法は、危険なのか?

 

 

それを知るには、まずこれまでの不動産市況の変遷と3013年以降の不動産市況を理解しておく必要があります。


これまでの不動産市況の変遷記事一覧

平成バブル以降の不動産市況

1990年代の平成バブルで日本の地価は高騰しました。その後のバブル崩壊により長期にわたり地価下落が続いていき、株式とならび「デフレ経済」の大きな象徴とまで言われています。2000年代初頭になると金融機関による不良債権処理が一斉に進んでいきました。ちょうどりそな銀行が国有化された頃です。この不良債権処...

≫続きを読む

 

ファンドバブル(ミニバブル)時代の不動産市況

この時代には、「ハゲタカファンド」という言葉に代表される外国資本の投資資金が、日本国内の不良債権を「バルク」と称してまとめて購入していました。折しも時価会計適用を見越して自社不動産のオフバランス処理を進める大手企業が保有する自社ビルなども先を争うように売却されていたため、これらの買い手として「外資フ...

≫続きを読む

 

リーマンショック後の不動産市況

リーマンショックは、サブプライムローンというアメリカ国内の低所得者向け住宅ローンの焦げ付き問題に端を発し、その担保債権が証券化され様々な金融商品に組み込まれていた、という事で表面化した世界的信用不安です。これにより、大手投資銀行が倒産したために、こんな名前が付いています。なので、本来は日本国内の不動...

≫続きを読む

 

震災後〜直近の不動産市況

震災と津波の直撃を受けた方々、そして原発事故の影響で立退きを余儀なくされている方々には、心よりお見舞い申し上げる次第です。あれほどの大震災であったにもかかわらず、地震での甚大な被害は、実はそう多くなかった事が判明してきています。津波で流されてしまったり、火事で焼けてしまったりは有りましたが、地震の揺...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
これまでの不動産市況 デフレ発想からの脱却 不動産投資市況の検証 これからの不動産市況 王道⇔裏技不動産投資